*2 左辺はhx+ky+lzでよいとして、なぜ右辺がaまたは-aと決まるのか(0.37aや5aにならないのは何故か)は以下のように説明されます。 1.3577, 6, 14, 69.130, 34.565, 0.3683 参考URL:http://www.f-denshi.com/000okite/300crstl/304cry.html, 例えば正規分布のようなデータをエクセルで作成しました(ピークがあるグラフになります。) ここにOAの長さは√(p^2+q^2+r^2)=|t|√(h^2+k^2+l^2)なので、これを(5)に代入して 大雑把に言えばミラー指数は法線ベクトルのようなものです。特に立方晶であれば法線ベ...続きを読む, 何らかのピークのデータがあるとしますよね?それをデータ解析するのにフィッティングします。そのときよくあるガウシアンとローレンツィアン。これらがどういうフィッティングなのかを知りたいです。これを知らなかったらどういう場合にどういうフィッティングをしたらいいのかわかりませんよね?例えば、何を見たらのってたりするものなのでしょうか?自分で探してみたけど見つかりません。しかも今現在そのフィッティングが目の前まで差し迫ってきています。誰か助けて!, ガウシアンは最もよく出てくる分布で これから隣の平面はhx + ky + lz = aであると証明できます。ただここまで詳しく説明する必要はないでしょう。証明抜きで単に「隣の平面はhx + ky + lz = aである」と書くだけでよいと思います。 ただし近似(フィッティング)も、エクセルのワークシートだけだと難しいものもあるかもしれません(例えばGaussianのフィッティングはワークシートの関数では無理ではないかと思います)。 1の目が出るという状態の実現確率は P(1) などというよう...続きを読む, こんにちは。 さいころで言うと状態は「1の目が出ること」などに対応します。  E≒1240/λ[eV] フリーソフト・シェアウェア/フリーソフト・シェアウェアの選び方 「理系」なアナタに送るフリーソフトガイド (2ページ目) 分子構造式(化学構造式)や数値解析・数値計算、電子回路設計、グラフ作成など、数学・科学の計算処理に便利な「理系のためのフリーソフト」をご紹介します。 さいころを1個振ることを考えてみます。 非晶性の広がったハローを再現できるかも知れません。 <証明>p,qは正かつp>qと仮定して一般性を失わない。 ですからこれらの確率の無限和をとるだけです。 ただ、後から加えたボンドの設定とか、描画セル範囲と すと、表示用のソフトもあるのですね。入手してみよう h k l d みた感想をお願いできればと思います。実際に表示させたい構造は、 3つの数字の組(001)などで確か全て表せます。 Windows用ソフトで良い物はありませんでしょうか。実際に使って お客様の許可なしに外部サービスに投稿することはございませんのでご安心ください。, http://www.ccp14.ac.uk/ccp/web-mirrors/powdcell/ …, http://homepage.mac.com/fujioizumi/index.html. もう一つは、離散点の最大値の1/2になる値の幅を数値的に求める方法です。例えば、最大値をy0として、y=y0/2のx軸と平行な直線とデータとの交点を求め、その交点のx座標を半値半幅とします。 画像解析フリーソフトの紹介④:AT-Image 出典:Vector 最後に、日本人の方がフリーで公開しているものをご紹介します。 画像処理の学習に適した実験・結果解析用ソフトで、2値化やフーリエ変換等、工学で学習する「画像処理」を 体験. hx + ky + lz=0  (1) Aは平面(2a)上の点でもありますから、(4)を(2a)に代入すると ただ、いずれの方法でも、あるいはいかなる方法でも、データ点数が少なすぎると、当然信頼度は下がります。 >一個に対する状態和? 熱伝導・放熱量の計算、熱負荷・熱量計算のフリーソフトです。 水タンク・空気ダクトの放熱計算・加熱計算、 加熱時間・必要ワット数・放熱による損失熱量の計算、 必要な断熱材厚さの計算、保温厚さと放熱量の計算、 2次元定常熱伝導解析を行うソフトなど。 ですから、格子定数を求めるときには、a軸なら例えば(100)、b軸なら(010)等々を使いま...続きを読む, ※各種外部サービスのアカウントをお持ちの方はこちらから簡単に登録できます。 どうぞよろしくお願いいたします。, No1 の回答の式より という形になっています。  f(x) = 1/(σ√2π)^(1/2)exp{-(x-μ)^2/(2σ^2)} Σexp(-β・ei)とありますがどういう意味なんでしょうか? があります。(0,0,0)を通る平面で法線ベクトルは(h,k,l)です。 e_1 の状態にある確率が exp(-βe_1) そのグラフから半値幅をエクセル上で求めたいです。 同じだとすれば格子定数を求めるときにどちらのピークを用いればいいのでしょうか? θ=sin^-1(λ/2/d)=34.57 斜方晶で精密に格子定数を求めたいのなら、手軽に出来る(素人でもできる)方法ではCohenの方法というのがあります。興味がありましたら「X線回折要論 カリティ著 アグネ刊」を参照してください。 と思います。, 「フリー Mac」に関するQ&A: DraftSightを勉強したいのですが。。。, 「HTML 解析」に関するQ&A: 株価関連情報を取得できるAPIを知りたい, ホームセキュリティのプロが、家庭の防犯対策を真剣に考える 2組のご夫婦へ実際の防犯対策術をご紹介!どうすれば家と家族を守れるのかを教えます!, 波長(nm)をエネルギー(ev)に変換する式を知っていたら是非とも教えて欲しいのですが。 波長が nm 単位なら E = hc×10^9/eλ です。 結晶構造やX線(粉末、ラウエ)のパターンを表示してくれる できます。 1 1 1 3.136 その場合下記の計算になります。 #理解できてよろしいかも、、、、。, ありがとうございます。RIETANは知っておりましたが、 点と直線の距離の公式を使わなくとも、次のようにすれば求められます。 を得ます。OAの長さは面間隔dにほかならないので、(3)式が得られたことになります。 となることを示せという問題があるんですが問題の意味すらよくわかりません。 高温相の立方相だとピークは分離しないのに、低温相の斜方相では同じ面指数のピークが分離してしまいます。これは何故でしょうか? 「多変量解析を、ちょっと試してみたいのですけど、何か良いフリーソフトないですか? そんな人におすすめしたいのが >> College Analysis です。 * 社会システム分析ソフトウェア -- … 4つの数字と3つの数字の関係はどうなりますか? などの値より、 2d sinθ=λ 格子定数が5.430Aということは立方晶ですね? 欠陥があるか、または空間的な規則性が低いか、3)装置による制約 そこで、potemkineさんの質問にあるとおり、Kαとかの命名法ですが、Kに相当するものは電子が衝突して飛び出した殻を示し、αは飛び出した殻に対していくつ外側の殻から電子が飛び出したのかを示すもので、1つ上からならα、2つ上ならβ。3つ上ならγといったようにあらわします。 いかがでしょうか? 粉末x線回折法(xrd)による解析方法について簡単に説明します。 今では解析ソフトで誰でも簡単に分析出来ますが、 以前はチャートに書かれたピークに定規をあてて角度(2θ)を測り面間隔を計算して、 その場合下記の計算になります。  E = 1240/540 = 2.30[eV] と考えています。 2 2 0 1.920 次第で、結構使えるという情報もお願いいたします。, 「HTML 解析」に関するQ&A: html解析して、利用することを・・・?, ありがとうございます。早速使ってみました。 ターゲットとなる材料の電子軌道はそのエネルギ-準位がとびとびでかつ元素によって特有の値を持ちます。電子衝突によって飛び出した電子が仮にK殻の電子であったとします。K殻は他の殻(LやM)に比べて低いエネルギーにあるので、L殻や...続きを読む, 隣接する2つの原子面の面間隔dは、ミラー指数hklと格子定数の関数である。立方晶の対称性をもつ結晶では ということになります。 大雑把に言えばミラー指数は法線ベクトルのようなものです。特に立方晶であれば法線ベクトルと全く同じになります。すなわち立方晶の(111)面の法線ベクトルは(1,1,1)ですし、(100)面の法線ベクトルは(1,0,0)です。法線ベクトルなら「ミラー指数」よりずっと親しみがあり解けそうな気分になると思います。 >速度やモーメントならしっくりきますが状態というのは一体何なんでしょうか? もう決められません。 Z=1/{2sinh(hν/2kB・T)} それは半値幅を求める手法に関する検討とは別の問題です。, 多分そこまで都合の良い方法は無いのではないかという気がします。 の計算に導入されます。 JADEは、X線粉末回折 (XRD)データから結晶構造解析を行うためのソフトウェアです。. エネルギーや半値幅(エネルギーの広がり)の面から一般に用いられてるX線は、AlKα、CuKα、MgKαなどです。, ちょっとうろ覚えなんですが。。。 すでに、siegmund さんが書かれておられるように 3Dでぐりぐりしたいのと、X線回折のパターン(粉末・ラウエ)も表示させたい もう一つは、離散点の最大値の1/2になる値の幅を数値的に求める方法です。例えば、最大値をy0として、y=y0/2のx軸と平行な直線とデータとの交点を求め、その交点のx座標を半値半幅とします。 逆格子ベクトル g=√(h^2+k^2+l^2)/a=0.7366 シンプルで非常に良いですね。 これらの余りの集合{r[n]}(1≦n≦(q-1))からは、どの二つを選んで差をとってもそれはqの倍数とは成り得ない(もし倍数となるのならpとqが互いに素である条件に反する)。よって{r[n]}の要素はすべて異なる数である。ところで{r[n]}は互いに異なる(q-1)個の要素から成りかつ要素は(q-1)以下の正整数という条件があるので、その中に必ず1が含まれる。よって命題は成り立つ。 タイトルの通りですが、Excelファイルを開くパスワードを忘れてしまったときに『何とかなる…かもしれない』フリーソフトを自分用の備忘録として残しておきます。やり方使用するソフトは『eup040』というソフトになります。以下のリンクからダウン エネルギー e_i の状態の実現確率がボルツマン因子 exp(-βe_i) に比例します。 したがって、結晶子サイズが小さくなっているというのと、非結晶性の d=a/√(h^2+k^2+l^2)  (3) 基底状態 e_0 = hν/2 の状態にあるかもしれないし、 の関係があります。 今では解析ソフトで誰でも簡単に分析出来ますが、以前はチャートに書かれたピークに定規をあてて角度(2θ)を測り面間隔を計算して、この面間隔を元にastmカードで一致する物質を探すという . ターゲットとなる材料の電子軌道はそのエネルギ-準位がとびとびでかつ元素によって特有の値を持ちます。電子衝突によって飛び出した電子が仮にK殻の電子であったとします。K殻は他の殻(LやM)に比べて低いエネルギーにあるので、L殻やM殻の電子は安定した状態を保とうと、K殻へ落ち込みます。このとき(K殻のエネルギー)-(L殻のエネルギー)に相当するエネルギーがあまるので、これがX線となりこのエネルギーをもつX線が発生します。  h = 6.626*10^-34[J・s] (hkl)=(004)なのです。質問になってません。    = hc/eλ[eV] ものであるということの明確な境界は無いように見えます。 段々結晶子サイズが小さくなっていった時に、少しづつピークはブロードに近づくとは思うのですが、 さいころの目がX(x=1~6)になる確率を P(x) とすると、 このことについて書いてあるwebとか本をご存知ないですか? ちょっと探したけれど見つからなかったので。 失礼ながら、晶系とかミラー指数とかの理解があやふやではないですか?固体を扱う上で非常に重要な概念ですので、学生さんでしたら、是非きちんとマスターするように頑張ってください。最近はX線回折に限らず、装置に付属している分析ソフトに頼りすぎて、装置は使えても実際には何をやっているかサッパリという人が結構いますので。, 粉末X線回折のチャートのことですね。 こちらは、平均はαですが分散は発散しています。 1912年にドイツのマックス・フォン・ラウエがこの現象を発見し、X線の正体が波長の短い電磁波であることを明らかにした。. 一方、斜方晶ではマッチ箱のように、単位格子の3辺全ての長さが違いますから、(100)、(010)、(001)全て別の角度にピークが現れます。 p, 2p, 3p,...,(q-1)pをqで順に割った際の余りを考えてみる。 このあたりの手順は統計力学の教科書に載っていると思います。    : 設計荷重表の作成、その他、市販の構造計算プログラムにない部分計算など、構造設計にも、欠かせないExcel、Word。今や手計算(追加・補正計算、部分計算)を行う部分も手書きではなく、EXCELを使う人がほとんどでしょう。 Open Office.orgは実績もあり、十分、業務に使用できます。 ピークはだんだん鈍くなります。さらに小さくなるとブロードで   =P(1)+P(2)+…+P(6) <命題>p,qが互いに素な整数である場合、pm+qn=1を満たす整数の組(m,n)が少なくとも一つ存在する 合成が専門ではないので、グリグリしたい方がメイン ...続きを読む, 統計力学とかで出てくる分配関数(状態和)がありますが、物理的な意味がよくわかってません。 *1 (h, k, l)の組が共通因数を持つ場合には、共通因数で割り互いに素になるようにします。例えば(111)面とは言いますが(222)面なる表現は使いません。 ラベル: c++静的解析, 固有値解析フリーソフト, 静的解析ツール比較, 静的解析フリーツール. 式はあっているはずです。, 現在粉末用のXRD装置を使用しているのですが、半値幅に含まれる情報に関して教えてください! をどうぞ。「講義資料」から「テキスト 第3章」をダウンロードして読んでみてください。(pdfファイルです) その代わりに、原子の相互配置を確率的に表した動径分布関数が散乱強度 その場合はやはりプログラムを組む必要がありますし、その際、最小二乗法の勉強等も必要になるかもしれませんが、測定データ等を既知の関数でフィッティングするのはごくありふれた(ということは信頼できる)手法ですので、お勧めしておきます。 面間隔から2θ=28.5°は(111)反射なのでしょう。 ちなみに下からK殻、L殻、M殻、N殻の順番です。 hx + ky + lz = -a  (2b) C-Analysis.NETは、C言語のソース・ヘッダファイルの解析を支援するためのソフトウェアで、C-Analysis_Free.NET(フリー版)とは、C-Analysis.NETの一部機能を実装したフリー版ソフト … 格子定数が5.430Aということは立方晶ですね? 参考書などを呼んでいると、結晶性のピークに着目した場合、ピークの半値幅が大きくなるほど結晶子サイズは小さいことを意味すると書いてあり、これはなんとなくわかりました。 e_0 の状態にある確率が exp(-βe_0) このようなものを見積もるフリーソフト、Webデータベースがあると聞いたのですが、あるのでしょうか。, >面指数(hkl)がなぜ、004となるかについてです。 この連載ではフリーの統計解析言語かつ統計解析ソフトウェアである「r」についてマーケター向けにわかりやすく解説していきます。初回となる今回は、まずダウンロードをして「r」に触ってみましょう。 この調和振動子一個に対する状態和が のです。せっかく打ち込んだボンドの設定がセーブできない X線は、フィラメント(主にタングステン(W)が用いられている)から電子を取り出し(加熱で)、それをX線を発生するターゲット(アルミニウム(Al)やマグネシウム(Mg)や銅(Cu))などに電子を衝突させて発生させます。 私が思いつく方法は2つです。 ソフト詳細説明. ここで、μは平均、σ^2は分散です。 を得ます。 またある問題でエネルギー準位ε=(n+1/2)hνのN個の独立な調和振動系子の系があり   =6*1/6 ・非結晶性のものである これは近似が信頼できるのなら十分妥当な値が出ますし、もう一つの方法と比べて望ましい手法(理由は後述)です。 原因2)は小さくても結晶で有れば散乱強度を決める構造因子は定まります。 なお、Crystal MakerはMac専用だし、 有名な解析ソフトでrietanというフリーウエアがあります。 これはX線でも、中性子でもなんでもござれのソフトです。 回折パターン、リートベルト解析などいろいろな機能がそろっています。 OAは法線ベクトルに平行ですから、新たなパラメータtを用いて 今はグラフをプリントアウトして定規と日比例計算から半値幅を求めています。 これは近似が信頼できるのなら十分妥当な値が出ますし、もう一つの方法と比べて望ましい手法(理由は後述)です。 ピークはだんだん鈍くなります。さらに小さくなるとブロードで 原因3)は基準物質を使い補正計算をしてある程度除去することが そして何よりも、データに誤差が含まれている(バラつきがある)場合、最大値にも誤差が含まれることになりますから、y0/2にも誤差があり、そして交点を求めるために使用するデータにも誤差があり、ということで求める半値幅がどれくらい信頼できるかは分かりません。 無料ファイル復元・データ復旧ソフト一覧。パソコン上で誤って削除してしまったファイルを復元することができるソフトです。ゴミ箱の中を空にしてしまった!大事なファイルだったのに…そんなときにゴミ箱にさえ残っていないファイルを復活させてくれます。 d=a/√(h^2 + k^2 + l^2) ・・・(1) その後、相対論の理解は進みましたか?, >状態というのが量をもっているわけなんですが 参考ページ: 原点Oから法線ベクトル(h,k,l)の方向に進み、平面(2a)とぶつかった点をA(p,q,r)とします。 >状態というのはどういう量なんですか? しかし、非晶性物質では構造の乱れは大きすぎ、結晶学的な構造因子は λに 540[nm] を代入すると 平面をhx+ky+lz = C (Cはある定数)と置きます。この平面は少なくとも一つの格子点を通過する必要があります。その点を(x0,y0,z0)とします。 PDF(acrobatのほう)になって出力されます。demoでログインすれば良いでしょう。これで見ると28.5°くらいに最大ピークがありますね。反射の候補は以下があります。 欠陥があるか、または空間的な規則性が低...続きを読む, タイトルのまんまですが、XRD、XPSなどで使われる特性X線のCu-Kα線、Mg-Kα線のKαってなにを意味するものなのでしょうか? >例えば540nmでは2.33eVになると論文には書いてあるのですが (こんな計算しなくても(001)が5.43だから5.43/4=1.3575でもいいですが) 触ってみたのですが、3D表示をぐりぐりするのが遅くて使い物に 4~5元素で単位構造あたり、数十個の原子で、これを数ユニットセル並べて 分離して別の面指数のピークになるのでしょうか? nmオーダから0.1μmまでの範囲です。この点に注意してください。 原因1)の影響を考慮したのがシェラーの式ですが、常に原因2)の寄与 >合っているのでしょうか? 逆格子ベクトル g=√(h^2+k^2+l^2)/a=0.7366 その点、初めの方の関数で近似する方は、誤差が多少あっても近似が妥当であれば、そこそこ信頼できる値が求まるでしょう。 一方、斜方晶ではマッチ箱のように、単位格子の3辺全ての長さが違いますから、(100)、(010)、(001)全て別の角度にピークが現れます。 ミラー指数を図なしで説明してしまいましたが、図が必要でしたら例えば さて微結晶サイズが小さくなると半値幅はサイズに反比例して拡がり、 鉱物 (Mineral) などの結晶質 (Crystalline) の物質 (Material) を同定 (Identification) する手法として汎用的な機器分析法 (Instrumental Analysis Method) の1つがXRD (X線粉末回折法、X-ray Diffraction Technique) である。 4つの数字には別の拘束条件がありそうですが、 このときの状態和は ¨ï¼‰ï¼°ï¼¤ï¼¦ç‰ˆ, ストラクチャー社フリーソフト集, ■ 『建築構造設計べんりねっと』オリジナル構造計算フリーソフト, スマホだけで建物まるごと構造設計をしてみた。, 建築構造設計べんりねっと』オリジナルプログラム!boothによる販売. こういうことをエクセルで行おうとすると、ワークシートでは無理で、Visual Basicでプログラムを組む必要があるでしょう。 強度比は結晶構造因子やローレンツ因子などを計算しなくてはいけません。 2θ=69.14 参考URLに出典例を書きましたが、"ミラー指数" "0001"で検索すると、関連ページが56件ありました。 さて微結晶サイズが小さくなると半値幅はサイズに反比例して拡がり、 動径分布関数方式という使い分けはされていません。 今回は「ネットワーク監視のフリーソフト18選|シェアウェア5選」と題して、「ネットワーク監視のフリーソフト18選|シェアウェア5選」についての詳細情報をはじめ、「ネットワーク監視」の基準と有効なフリーソフトについてご紹介します。 も含まれています。 のは苦しいです。) からはできないと思います。, 半値幅から微結晶サイズを求めるシェラーの式は、固体中にある ですから、格子定数を求めるときには、a軸なら例えば(100)、b軸なら(010)等々を使います。「どちらのピークも」用いなければなりません。 というものの区別はどうやって判断したらよいのですか?ある程度は半値幅を超えたら非結晶性のものとかいう基準があるのでしょうか?, 半値幅から微結晶サイズを求めるシェラーの式は、固体中にある (1) Rietveld解析用のファイルの作成と表示(CRietan2000と併用) (2) 粉末X線回折データの種々の解析. のいずれかです。これがすぐ隣の平面である理由(そのまた間に他の平面が存在しない理由)は脚注*2に補足しておきました。 (hkl)=(004)なのです。質問になってません。 かをセーブできないので困っています。 さて(hkl)面に相当する平面の方程式を一つ考えてみましょう。一番簡単なものとして  E = hc/λ[J] 一つは、そのデータを関数で近似して(GaussianならGaussianで)、近似した関数から半値幅を計算する方法です。 というのと、  Z=ΣP(x) となります。 少し混乱しておられるようなので、簡単な例を出してみます。 Amazonで善伸, 神田のサラっとできる!フリー統計ソフトEZR(Easy R)でカンタン統計解析。アマゾンならポイント還元本が多数。善伸, 神田作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またサラっとできる!フリー統計ソフトEZR(Easy R)でカンタン統計解析もアマゾン配送商品なら通常配送無料。 X線はCuKα1で、波長λ=1.5406です。 参考URL:http://133.1.207.21/education/materdesign/, 「格子定数」「ミラー指数」などと出てくると構えてしまいますが、この問題の本質は3次元空間での簡単な幾何であり、高校生の数学の範囲で解くことができます。   =1 ローレンチアンは、共鳴曲線などで見かける分布で このあたりの手順は統計力学の教科書に載っていると思います。 微結晶のサイズを求めるための式です。適用できる微結晶サイズは JADE -XRD解析ソフトウェア-. となる。 溶融体を急冷して結晶化させようとした場合、できたモノを欠陥だらけの ここで構造因子に欠陥や小さくなることで発生した構造の乱れを組込めば ピークの拡がりは、1)結晶が十分な大きさで無いこと、2)結晶に t(h^2+k^2+l^2)=a すでに、siegmund さんが書かれておられるように 質問:「(1)式を証明せよ」と言われたのですが、どうすれば言いかわかりません。やり方を教えてもらえませんか_| ̄|○, 「格子定数」「ミラー指数」などと出てくると構えてしまいますが、この問題の本質は3次元空間での簡単な幾何であり、高校生の数学の範囲で解くことができます。 面間隔 d=1/g=1.3575 XRDデータのピークの分離について教えて下さい。 JCPDSカードのd(A), l(f), l(v), 2θ, θ, 1/(2d)のリスト部を全て見せてくれれば、データの解釈は分かります。 X線回折でピークになって現れるのは「面間隔」です。立方晶なら、単位格子はサイコロと同じでa,b,c全て等価ですから、(100)面も(010)面も(001)面も全て等価です。ですから、この3つ(他の面でも同じですが)の面指数は全て同じ角度に現れます。 ガラス等による散乱パターンに似たものになることも有ります。 |a|/√(h^2+k^2+l^2)  (6) 何か方法をご存じのかた教えていただけますか。, 多分そこまで都合の良い方法は無いのではないかという気がします。 JADEの開発元のMaterials Dataは、30年以上に渡り、XRDのアプリケーションを開発してきました。.  g(x) = (1/π)β/{β^2+(x-α)^2} h,k,lはミラー指数の定義から整数です。またx0,y0,z0はいずれもaの整数倍である必要があります(∵格子点だから)。すると右辺のCも少なくともaの整数倍でなければなりません。  c = 2.998*10^8[m/s] これに平行な、隣の平面の式はどうでしょうか。 d(A), l(f), l(v), 2θ, θ, 1/(2d) Crystal Studioは、つい先ほど、free trialをダウンロードして hx + ky + lz = a  (2a) >状態というのはどういう量なんですか? 少しでもかまいませんのでご存知の方、よろしくお願いいたします。, 粉末X線回折のチャートのことですね。 と求められます。 含む鉱物相の定量的な解析はほとんど行われていなかった。 そこで,本研究では粉末X 線回折(XRD)パターンの解 析法で,多数の結晶相が共存する場合でも各相の精密構造 の決定と定量が可能であるリートベルト法 11, 12) による解析 を試みた。リートベルト法は結晶構造モデルを用いてXRD … XRDアプリケーションにWhole Pattern FittingやRietveld法などの新しい科学的アイデアと新しいアプローチを導入した先駆者です。. 当然、ある半値幅を超えたら非結晶性のものとかいう基準は有りません。 下記サイトはXRDプロファイルを書いてくれます。 さいころの目がX(x=1~6)になる確率を P(x) とすると、 >面間隔はd=1.3577 A, 2θは69.136です。格子定数は5.430Aです。XRDで試料を分析したとき、どのピークがどの面指数からのものかを決定する方法がわからなくて困ってます。 ピークの拡がりは、1)結晶が十分な大きさで無いこと、2)結晶に 2d...続きを読む, 3次元結晶の場合、格子の面や格子ベクトルは 微結晶のサイズを求めるための式です。適用できる微結晶サイズは 点と直線の距離の公式を使えば、題意の面間隔dは原点(0,0,0)と平面(2a)の間隔としてすぐに 一個に対する状態和?という感じです。 ちょっと気になった程度のことなので、ご覧のとおり困り度は1ですが、回答もきっとそんなに長くならないんじゃないかと思うのでだれか暇な人教えて下さい。, ちょっとうろ覚えなんですが。。。 となります。 p=ht, q=kt, r=lt  (4) しかし、非結晶性のものを測定すると一般的にはブロードピークとなるものが多いかと思うのですが、相互関係がわかりません・・・。非結晶性のものは結晶子サイズが小さいということではないですよね? というようにとり得る状態は1つではないことがわかります。 励起状態の1つ e_1 = (1+1/2)hν = 3/2*hν のエネルギー状態にあるかもしれない、 なのです。でも、教えていただいたURLを拝見してみま あとは、 3 1 1 1.637 この質問とは関係ないですが、 1の目が出るという状態の実現確率は P(1) などというように表すことが出来ますね。 t=a/(h^2+k^2+l^2)  (5) http://133.1.207.21/education/materdesign/ ただし、y0/2のラインとちょうど同じy値をデータが持つとは限らないので、少なくとも、近傍のデータ2点から直線を求め、その直線との交点を求める必要があります(できれば3点で2次曲線との交点にする等の方が精度が高くなる)。 参考URL:http://icsd.ccp14.ac.uk/icsd/, >面指数(hkl)がなぜ、004となるかについてです。 ・結晶子サイズが小さくなっている 粒子が一個であっても e_n =(n+1/2)hν という結果を見れば、 でちょっとずれてます。 式を見ればわかるように、ローレンチアンのほうが減衰が遅く裾が広いですね。, 以下はSiのXRDのデータの一部です。このピークが面指数004からのものなのですが、その求め方を解説していただけないでしょうか。l(f),l(v)が何を意味しているのかはっきりとわからなかったのですが、他のピークとの強度の総対比を表してるのではないかなあと思います。 pをqで割った際の余りをr[1](整数)とする。同様に2pで割った際の余りをr[2]・・・とする。 >面間隔はd=1.3577 A, 2θは69.136です。格子定数は5.430Aです。XRDで試料を分析したとき、どのピークがどの面指数からのものかを決定する方法がわからなくて困ってます。 極微細結晶からなるとするか、非晶質になったと解釈するかは半値幅だけ 解析ソフト(鋳造)のメーカーや取扱い企業、製品情報をまとめています。イプロスは、ものづくり・都市まちづくり・医薬食品技術における情報を集めた国内最大級の技術データベースサイトです。 私が思いつく方法は2つです。 一つは、そのデータを関数で近似して(GaussianならGaussianで)、近似した関数から半値幅を計算する方法です。 固体物理の本では大抵、ミラー指数を「ある面が結晶のx軸、y軸、z軸を切る点の座標を(a/h, b/k, c/l)とし、(h, k, l)の組をミラー指数という(*1)」といった具合に説明しています。なぜわざわざ逆数にするの?という辺りから話がこんがらがることがしばしばです。 SIR & EXPO 強力な構造解析ソフト SHELX 構造解析ソフト RIETAN & VENUS リートベルト解析やフリーの結晶構造表示ソフト WinGX small-molecule package X-tal View crystallographic package Charge flipping法ソフト Lauept ラウエのシュミレーション LaueX ラウエのシュミレーション(Unix) QLaue ラウエのシュミレーション nmオーダから0.1μmまでの範囲です。この点に注意してください。  e = 1.602*10^-19[C] 他にもありましたら、あるいは、Crystal Studioでも設定・マシン X線は、フィラメント(主にタングステン(W)が用いられている)から電子を取り出し(加熱で)、それをX線を発生するターゲット(アルミニウム(Al)やマグネシウム(Mg)や銅(Cu))などに電子を衝突させて発生させます。 結晶構造解析、粉末X線回折(XRD)のためのソフトウェア . フリーソフト。 FreeMat : MATLAB互換を指向して開発されたフリーソフトウェア (FreeMat ホームページ) 。 行列言語 Ox (英語版) FreeFem++; PrimMath:数値解析とグラフ作成、表計算を統合したフリーソフト (PrimMathの公式サイト)。 「ProduKey」は、Microsoft 製ツールのプロダクトキーを解析&表示 してくれるソフトです。 現在システムにインストールされている Windows 98 / ME / NT / 2000 / XP / Vista / Server 2003 / 7 / 8 / 10 化学、結晶学、材料化学などの分野で役立つCrystal Impact社のソフトウェア製品を販売しています。 結晶構造の可視化 Diamond. あとは、先のさいころの例と同様に どうかお願いします。, >状態というのが量をもっているわけなんですが 内挿法も考えましたが扱うデータのサンプルポイント数が少なくて誤差が大きすぎるのです。 一つの物質からの散乱強度の計算に、ここまでは構造因子方式、ここからは 多変量解析、エクセル、フリーソフト、重回帰分析、因子分析、判別分析、主成分分析、数量化3類、数量化Ⅲ類、数量化2類、数量化Ⅱ類、数量化1類、数量化Ⅰ類、クラスター分析、アンケート集計、クロス分析、カイ2乗検定、散布図 例えば、K殻の電子が飛び出し、そこをM殻が埋めた場合(2つ上の準位)はKβ、L殻の電子が飛び出しそこをM殻が埋めた場合はLα (こんな計算しなくても(001)が5.43だから5.43/4=1.3575でもいいですが) 六方晶でも3つの数字の組で表せるのですが、4つの数字の組で表した方が理解しやすいので、この記法が使われることがあります。 この固有値解析フリーソフトの特長: 「でんた君」は、固有値・固有ベクトルの計算、行列計算が可能な多機能電卓です。エクセルとのデータ交換もできます。 投稿者 科学情報総研. ガラス等による散乱パターンに似たものになることも有ります。 から来ます。 X線回折でピークになって現れるのは「面間隔」です。立方晶なら、単位格子はサイコロと同じでa,b,c全て等価ですから、(100)面も(010)面も(001)面も全て等価です。ですから、この3つ(他の面でも同じですが)の面指数は全て同じ角度に現れます。 よろしくお願いいたします。, 六方結晶の場合は(0001)というような表し方ですね。いわゆるc軸が4桁目になります。(h,k,l,m)の場合、h + k = -l の関係があります。 (図としてはセーブできますが、設定をセーブできない X線回折(エックスせんかいせつ、英: X‐ray diffraction 、XRD)は、X線が結晶格子で回折を示す現象である。. という形をしています。 固体物理の本では大抵、ミラー指数を「ある面が結晶のx軸、y軸、z軸を切る点の座標を(a/h, b/k, c/l)とし、(h, k, l)の組をミラー指数という(*1)」といった具合に説明しています。なぜわざわざ逆数にするの?という辺りから話がこんがらがることがしばしばです。 この場合は6つの状態を取り得ますね。 次に右辺の最小値ですが、最小の正整数は1ですから平面hx + ky + lz = aが格子点を通るかどうかを調べ、これが通るなら隣の平面はhx + ky + lz = aであると言えます。このことは次の命題と等価です。 さいころを1個振ることを考えてみます。 #いや、何回もボンドを打ち込んでいるうちに、構造がよく すなわち格子定数が分かっていれば2θは一意に求まります。 bokoboko777さん、これでいかがでしょうか。 なりませんでした(256MB/750MHz/P3/W2Ksp3)。 エネルギー e_i の状態の実現確率がボルツマン因子 exp(-βe_i) に比例します。 面間隔 d=1/g=1.3575 少し混乱しておられるようなので、簡単な例を出してみます。