Google Chrome では開いたページで使用されている言語にあわせて自動的に翻訳ツールが表示されるように設定されています。ここではどのような時に翻訳ツールが表示されるのかを設定する方法や、実際に翻訳を行う方法などについて解説します。 時々翻訳できないページがありますが、Chrome本体の 翻訳機能でもできないのでページの構造上無理なのでしょうか。 私の場合、ダイレクト翻訳を使う機会が多いので、可能であれば ワンプッシュで可能なようにできないかな。 気が付いたら突然、Chromeで「日本語」で書かれているページを開いたときであっても、「このページを翻訳しますか?」という翻訳機能のポップアップ表示がアドレスバーの右端に出てしまう状態になってしまいました。 普段日本語の 試しにChromeにインストールして使ってみたことろ、外国語のテキストから翻訳したい部分をマウスで範囲選択するだけで瞬時に翻訳できることや、機械翻訳とはいえ僕の英語力よりも遥かに精度が高い(笑)ことが分かったので、翻訳作業を捗らせたいChromeユーザーへのおすすめ … Weblio 中国語翻訳は、中国語を日本語へ和訳、日本語を中国語へ中国語訳する、無料の機械翻訳サービスです。辞書や辞典との連携により単語の意味や発音も確認できます。 前述したChromeブラウザの言語設定では日本語以外のWebサイトにアクセスした際に、翻訳ツールを自動で表示させるかどうかの設定ができました。. Chromeブラウザの翻訳機能一覧. この機能を使うと、開いている Webページ上の文章を その場で 別の言語に変換する ことができます。. YouTubeのコメント欄を翻訳する方法①Google Chrome編. 翻訳ボタンの表示が消えた場合、オレンジの箇所をクリックすると再度表示されます。 上記でうまくいかない場合、WEBページを右クリックして「日本語に翻訳」をクリックします。 以下は、googleのChrome の言語の変更とウェブページの翻訳のリンクです。 ChromeでWebページを翻訳する 1翻訳を開始する. Android スマートフォンまたはタブレットで Chrome アプリ を開きます。 指定した言語で書かれたウェブページにアクセスします。ページの翻訳が自動的に始まります。 その他アイコン をタップ [この言語を常に翻訳する] チェックボックスをオフにします。 韓国語のWebサイトを一発で翻訳してくれるサイトがないかなぁ?と思ったことはありませんか?Google Chromeなら無料で一発でWebサイトを翻訳してくれます(^^)そんな韓流ヲタにとって役立つ情報をお届けいたします! Google社が提供するウェブブラウザー、Chromeには拡張機能があるのをご存知でしょうか。数ある拡張機能の中から、今回は日常からビジネスまで幅広く役立つ翻訳機能をご紹介します。翻訳機能を味方にしてChromeをさらに便利に、快適に使いこなしましょう。 Google Chromeで海外サイトを見ると自動で出てくる翻訳バーをオフにする方法。 【関連】英語や中国語やフランス語など57カ国語対応のMac翻訳ソフト「翻訳 タブ」が素晴らしすぎる! 【関連】【厳選】入れておくと確実にMacが便利になるアプリ10個 まず、メジャーなブラウザであるGoogle Chromeから方法を見ていきます。 PCでYouTubeを見ている多くの人はこのGoogle Chromeから見ているのではないでしょうか。 そんなGoogleには「Google翻訳」という機能があ … Chromeの翻訳機能は、サイトを瞬時に自動で翻訳してくれるので、使いこなすことができれば非常に便利ですよ。 2.Chrome翻訳機能の設定方法を紹介 「最初から備わっているのは知ってたけど、どうやって設定するの?」と思いますよね。 ワタシ ニホンジン デス! 日本語→中国語で翻訳サイト徹底比較! それではおすすめの中国語翻訳サイトをみてみましょう。基準は「わあ、美味しそう!」「いただきます」をどう翻訳するかという点で翻訳精度を確かめてみました。 1-1. AndroidのChromeで現象確認。 (2017年9月) 「中国語(繁体字)のページです。 日本語に翻訳しますか?」 と突然、Chromeが翻訳を提案してきました。 いやいやいやいや。 これ日本語のページですから!. 日本語訳されたページが表示されました。 2000文字まで翻訳可能 「excite 中国語翻訳」 Chromeで翻訳したいWebページを表示しておき、画面右上のメニューボタン(縦に3つの点が並んだボタン)をタップして[翻訳]をタップします。 2言語を切り替える. Chromeで英語などの外国語サイトを開くと読むのに苦労してしまいます。しかし、Chromeの機能でサイトの内容全てを自動でページ翻訳することができます。Chromeのページ翻訳機能をPCとスマホで設定する方法をご紹介します。 Webページ翻訳とは、翻訳サービスにURLを入力するだけで、Webページをまるごと翻訳することができる機能です。 単語だけでなく、ページ全体を翻訳することができるため、英語や中国語、韓国語などのサイトを読みたい時に活用することができます。 Chromeブラウザには、最初から搭載されている基本機能で「翻訳機能」が存在します。これを活用すると海外の文献やブログ記事などを日本語に変換して読むことができます。(変換精度は、高くない)ここでは、Chromeの翻訳機能を使う方法をご紹介します。 Chrome の Webページ翻訳機能. いくつかの文章をまとめて翻訳するのは気が遠くなる! そんな人におすすめなのが「Google Chrome翻訳」です。 設定しておけば、ワンクリックで1ページまるごと外国語のサイトを日本語に翻訳してくれますよ。 ※この記事の内容は2019年11月20日現在の情報です。 Chromeの設定画面を開きます。 設定画面で「詳細設定を表示…」リンクを選択します。 言語欄の「母国語以外のページで翻訳ツールを表示する」のチェックを外します。 以上で勝手に自動翻訳は行われなくなります。 Google Chromeで色んなサイトを見ていると、最近よく「このページを翻訳しますか?」と聞かれるようになった気がします。明らかに日本語のページなのに聞かれることも多いので、これについての原因と対処方法を調べてみようと思います。サイト側 翻訳サイトに文章をコピー&ペーストする、などの方法もありますが、もっと手っ取り早い方法があります。それは、Google Chromeの翻訳ツールを使うこと! 知っていると知らないとでは大違い。驚くほどに簡単で便利な機能。その使い方を説明します! 1. Chromeの自動翻訳停止方法. 目次GoogleChromeの翻訳機能とは?たった2つの動作だけ!かんたん翻訳手順最後に こんにちは! 橋本です。 今回は『中国語サイトを翻訳!Chromeの機能とは?』 という内容で解説していきます! 別記事にて ということをお伝えしましたが、 今回はその根拠となる部分ですね! 1. Webブラウザの1つである Chrome には、「 翻訳機能 」が組み込まれています。.