『泉鏡花全集・188作品⇒1冊』 あらすじ 画家である「余」は重篤な病にかかった伯爵夫人の手術に立ち会う。夫人はうわごとを言うことを危惧し麻酔を拒否する。担当の医師高峰は麻酔なしで手術するが、手術の途中、身を起こした夫人は医師のメスを胸に差し自ら命を絶つ。 泉鏡花の「外科室」の作品がすごい気になってます。最近古典、漢文などを勉強し始めたのですが、未だ文章を理解して読むことができないので困っています。貴船伯爵夫人と高峰の複雑な恋愛関係をテーマにしているのはわかるのですが…よろ キーワード:読書感想文 転載可 さらし中 最終更新:2015-01-10 22:28:08 21866文字 会話率:2% 検索結果:泉鏡花”外科室” のキーワードで投稿している人:1 人 『夜行巡査/泉鏡花』の狐人的な【読書メモと感想】。観念小説とは? 先日『読み語り〈泉鏡花〉・外科室』 をお読みくださって ご感想をお寄せいただいた女性と本日お逢いできたので、 「どう感じたかをもう少しくわしく教えていただけませんか?」 とお願いして、お聞かせいただくことができました。 直ちに外科室の 方 ( かた ) に 赴 ( おもむ ) くとき、むこうより戸を排してすらすらと出で来たれる華族の小間使とも見ゆる 容目 ( みめ ) よき 婦人 ( おんな ) 二、三人と、廊下の半ばに行き違えり。 先日、泉鏡花の小説を読んでみたくて、集英社文庫の『高野聖』を購入しました。収録作品である『外科室』を読み終わったので、感想を書くことにします。画家の“私”は、… 公益財団法人金沢文化振興財団先日『読み語り〈泉鏡花〉・外科室』をお読みくださってご感想をお寄せいただいた女性と本日お逢いできたので、「どう感じたかをもう少しくわしく教えていただけませんか?」とお願いして、お聞かせいただくことができました。 泉鏡花『高野聖』のあらすじと感想、考察の紹介です。修行の身である僧すらも惑わせる魔性の女性。彼女との不思議な体験の数々。そして最後に明かされる、彼女の秘密とは… 百年以上にわたって評価される泉鏡花の名作です! 「泉鏡花」に関連する9件の画像・動画・ツイートやニュースのまとめをお届けします。泉鏡花に関連した人気のツイートまとめは「第11回twitter読書会(金曜会)泉鏡花『外科室』発言まとめ」です。 今回は、泉鏡花『外科室・海城発電 他五篇』についての読書メモ。どうだろう、誤解を恐れずに言うと、泉鏡花の知名度ってそんなに高くなくて、本が好きな人でもあまり読んだことがないような人も多くいるような印象がある。教科書の資料集の端の方に載ってたっけ? 外科室 明治28年 6月「文芸倶楽部」初出、明治31年 9月『明治小説文庫』第10編(博文館)所収 語り手の画師は兄弟のように親しい医学士高峰に頼み、その執刀になる貴船伯爵夫人の手術に立ち会う。 坂東玉三郎初監督作品「外科室」を見ました。むかしテレビで放送されたのを録画してあったんです。2作目「夢の女」の告知を兼ねていたらしく、玉三郎、吉永小百合、樹木希林の鼎談も一緒に映っていました。「夢の女」はモノクロだったんですね…。 難しい文章 泉鏡花、その名前を耳にしたことはもしあっても、実際にその小説を読んだことがある人は少ないのではないだろうか。そんなことはないだろうか。 筆者もまた中年のおっさんにして初めて「高 … 下、9年前のこと。高峰がまだ医学生だった。ある余は彼と小石川植物園で散歩していた。そこへ髭をたくわえた男がいて3人の婦人を囲んで前後している。貴族の者だろう。 外科室・海城発電 他5篇 (岩波文庫)posted with ヨメレバ泉 鏡花 岩波書店 1991-09-17AmazonKindle楽天ブックス ・形式小説、短篇 ・あらすじ時は明治。高峰医師によって、貴船伯爵夫人の手術が行われよう … 明治~昭和初期の時代に活躍した作家 泉鏡花いずみきょうか。 その作風はファンタジー小説の走りといわれ、架空の存在を描いた斬新な世界観が大いに注目を集めました。 そんな時代を先取りした泉鏡花の作風は、いかにして作られていったのか。 鏡花はいったいどんな人物だったのか。 先日、『文学少女と月花を孕く水妖』を読んで以降、久し振りに読みたいなーと思っていた泉 鏡花さんの外科室を読んでみました。 あらすじ 舞台は病院の手術室で、正にこれから手術に掛かろうかという段階だった。 しかし患者である女性は、手術に際して麻酔を使うことを拒んでいた。 泉鏡花「幼い頃の記憶」 泉鏡花「義血侠血」 泉鏡花「外科室」 泉鏡花「高野聖」 泉鏡花「湯島の境内」 伊藤左千夫「隣の嫁」 伊藤左千夫「野菊の墓」 上田秋成「雨月物語より 吉備津の釜」 上田秋成「白峰」 梅崎春生「蜆」 海野十三「一坪館」 )。解説含む読書感想は、(女性化して)文ストでも大活躍している泉鏡花さんとこち亀の両津勘吉巡査長? 青空文庫『外科室』 —作者プロフィール— 泉 鏡花(いずみ きょうか) 1873年(明治6年)11月4日 – 1939年(昭和14年)9月7日)。 明治後期から昭和初期にかけて活躍した小説家。 代表作:『高野聖』『外科室』『夜行巡査』 ここでは、泉鏡花『夜行巡査』のあらすじ・解説・感想をまとめています。『夜行巡査』は八田巡査とお香の悲恋を描いた物語。観念小説と呼ばれる理由や、テーマである「仁」、また伯父の恋愛なども考察していきます。 外科室という空間を舞台に、男女の恋愛の一幕が描かれます。 観念小説ですが、神聖な雰囲気の漂う作品で、個人的には最も好きな鏡花作品の一つです。 『外科室』をもって泉鏡花という作家が生まれたと言っても過言ではありません。 岡本 夢紬「泉鏡花「外科室」試論 観察、そして解釈 -予が画師たる利器-」『文学研究論集』第20巻、明治大学大学院、2019年2月28日、 297-311頁、 naid 120006594930。 沢野 邦子「泉鏡花の芸術」『日本文学』第12巻第12号、日本文学協会、1963年、 904-913頁、 naid 110009994828。 泉鏡花は、金沢三大文豪(泉鏡花、徳田秋声、室生犀星)の1人で、幻想文学の代表作家です。『夜行巡査』『外科室』『高野聖』が有名です。犬や蛇が嫌いで、作品にしばしば登場します。極度の潔癖症で、皆でつつく鍋などは苦手だったと言われています。 楽天Koboで泉鏡花の "外科室"をお読みいただけます。 人気シリーズ「乙女の本棚」最新作は泉鏡花×「刀剣乱舞」イラストレーターのコラボレーション! 小説としても画集としても楽しめる、魅惑の1冊。全イラスト描き下ろし。 でも、貴下は、貴下は、私を知りますまい! 【泉鏡花】「義血侠血」(ぎけつきょうけつ)〜「滝の白糸」原作・感想とあらすじ 投稿日: 2018年9月30日 難解な文章の原作を、読者に代わり映画と比較などしつつ簡単に解説する。 泉鏡花・作『外科室』〈あらすじ〉優れた意志の高峰は貴船伯爵夫人の手術を担当する。衆人が見守る中、夫人はなぜか手術のための麻酔を頑なに拒む。麻酔のせいでうわごとを言い、自らの秘密が明るみに出るのを避けたいというのだ。麻酔なしで手術せよという夫 参考文献. 鏡花は26歳、すでに金沢から上京して、紅葉を訪ねて翌日から玄関脇に住みこみを許されて書生となり、博文館の婿養子の大橋乙羽のもとで日用百科の編集を手伝いがてら、早くも傑作の兆しなのだが、短編『夜行巡査』や『外科室』を書き終えていた。 極彩色のsmって感じの情景が広がってます。(物語の語り手は外科医の友人の画家) 泉鏡花の作品って、全体的にそういう雰囲気です。この貴婦人も、貴族の奥さんというより極道の妻って感じで、これまた泉鏡花作品に良く出てくるタイプ。 現代語訳して網羅的に内容をあらすじとしてまとめた結果(どうなった?